セキスイデザインワークスは、「うち・そと」をテーマに屋内外のこだわりアイテムを販売しております。

  • カテゴリでさがす
  • スタイルでさがす
  • 特集でさがす
  • ブランドでさがす
INTERIOR インテリア
EXTERIOR エクステリア

DI CLASSE

20数年前に、私がまだバイヤーとしてミラノサローネに行っていた頃、 イタリアの夜の街や友人宅の家のオレンジ色の光に、 なぜかとても癒されることを不思議に思っていました。 日本の夜の街を照らす強く青白い光と何が違うのだろうか。 考えた末に導き出された答えは、光の役割は照らすだけではなく、 もうひとつ”癒し”という重要な役割があるという事でした。

光が生み出す癒しの影をデザインする

”癒し”の光は、本来自然界にあるものです。 例えば窓から差し込む木漏れ日の光とその影であったり、 夕日やたき火のようなオレンジ色の光が人に安らぎを与えます。 DI CLASSEのデザインテーマでもある「自然をモチーフにする」という考え方はここから生まれ、 木漏れ日や影をデザインし、オレンジ色の光を生み出す照明をつくるきっかけになりました。

特に影そのものをデザインするという考え方は海外の展示会でも見つける事ができなかったのですが、 私は照明器具のフォルムだけでなく、光が生み出す癒しの影をデザインすることで 本来の人間らしさを取り戻せるのではないかと考え、 DI CLASSEの数多くの照明をデザインしてきました。

「自然の光のサイクル」を、生活に取り戻して欲しい。

朝日を浴びて目覚め、昼間は太陽の光のもとで狩りや農作業をして、 木漏れ日の中で休息を取りながら夕暮れまで働く。 そしてオレンジ色の夕日を浴びて家路につき、 たき火をかこんだ食事の後床に付く。 人は太古から、こうした光のサイクルの中で生活をしてきました。 人間にとって大切な「自然の光のサイクル」を、 もう一度日本の生活に取り戻して欲しい。 それがデザイナーでもある私の願いです。

検索結果 : 50件

並び替え選択

ずつ表示